外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • ビザ用語集

ビザ用語集

用語 よみかた 解説
パスポート
passport
パスポート
別名で、旅券とも言われます。顔写真付きのため、身分証明書として使われることもあります。外国人の方は、それぞれの国に発行してもらいます。
ビザ
visa
ビザ 別名で、査証とも言われます。外国人の方の入国を推薦する役割を果たします。パスポートに押印(スタンプ)するものや、パスポートにシールを貼るものなど、国によって異なります。
在留資格
status of residence
ざいりゅうしかく 外国人の方が、日本に入国・滞在するには、在留資格が必要です。在留資格には、27種類があります。
在留資格認定証明書
authorization of resident eligibility
ざいりゅうしかく
にんていしょうめいしょ
日本に入国しようとする外国人の方が在留資格のいずれかに該当していることを、あらかじめ認定した文書です。これを日本国領事館等に提示すれば、すみやかにビザが発給されます。在留資格認定証明書の交付を受けることをお勧めします。
短期滞在
short term stay
たんきたいざい 在留資格の一つです。日本に観光で入国するときに認められる在留資格です日本に入国しやすい在留資格です。その分、在留期間は最長でも90日と短く、日本で働くことはできないなど制限もあります。
大使館
embassy
たいしかん 派遣元の国を代表して、日本での外交活動の拠点となるほか、ビザの発給や、滞在先での自国民の保護といった援助などの領事サービス、広報・文化交流活動、情報収集活動などの業務を行います。通常、国の首都(日本の場合、東京)に置かれます。大使館には領事部があり、領事館の仕事も行っていることが多いです。
領事館
consulate
りょうじかん 自国民の保護、外交事務、情報収集、国際交流・広報などの拠点となります。大使館が首都に置かれることが多いのに対して、領事館は、首都とは別の主要都市に置かれる場合が多いです。大韓民国の場合、大阪、福岡、札幌、仙台、横浜、名古屋、新潟、広島、神戸、京都にあります。
入国管理局
immigration bureau
にゅうこくかんりきょく 日本での出入国管理や難民認定という外国人の方の関連の事務を行っています。法務省に入国管理局があるほか、地方入国管理局(8局)、出張所(61か所)あり、出張所は日本の全都道府県にあります。永住や在留資格の変更などは、入国管理局に対して申請します。
在留期間
period of stay
ざいりゅうきかん 在留期間を超えて日本に留まると、強制送還される場合があります。在留資格によって在留期間は異なります。2012年7月から、「投資・経営」「企業内転勤」「人文知識・国際」「技術」「技能」などの在留資格は、最長の在留期間が5年になります。
就労資格証明書
certificate of authoraized employment
しゅうろうしかく
しょうめいしょ
就労資格証明書とは、外国人の方が日本で働くことができることを証明する文書です。雇い主は、雇うときに、あらかじめ働くことが確認することができ、外国人の方ご本人も就職等の手続をスムーズに行うことができます。
退去強制
deportation
たいきょきょうせい 別名、強制退去とも言われます。退去強制されると、強制的に日本から退去されるだけでなく、退去強制後も原則として5年間、入国拒否事由にあたるとされます。
在留カード
residence card
ざいりゅうカード これまでの外国人登録にかわって、2012年7月から導入される予定です。在留カードを受けることによって、日本を出国後1年以内に再入国する場合には、原則として、再入国許可を受ける必要がなくなります。
起訴 きそ 刑事裁判において、検察官による公訴の提起のことをいいます。簡単にいうと、ある人が、悪いことをした場合に、きちんと裁判を受けさせて裁判官の判断をあおいだ方がいいと検察官が判断をした時に、検察官が起訴をすることによって裁判が始まることとなります。
刑事事件 けいじじけん 一般の民事に対する裁判を民事事件というのに対し、罪を犯した疑いがある者に対して国家がその真偽を確認し、刑罰権を発動する事件のことをいいます。
検面調書 けんめんちょうしょ 刑事事件において、検察官が被害者や被疑者を取り調べた際に、検察官が作成する書面のことをいいます。この書面が証拠として裁判に提出され、裁判官が事件の真相をさぐるてがかりとします。弁護士等の中ではPSなどと省略されて使用されています。
員面調書 いんめんちょうしょ 刑事事件において、警察官が被害者や被疑者を取り調べた際に、警察官が作成する書面のことをいいます。この書面が証拠として裁判に提出され、裁判官が事件の真相をさぐるてがかりとします。弁護士等の中ではKSなどと省略されて使用されています。
勾留 こうりゅう 被疑者や被告人が罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で、逃亡や罪障隠滅のおそれがある場合に、裁判所が発令する令状に基づき、その被疑者や被告人の身柄を拘束する強制処分のことをいいます。
実刑 じっけい ある人が犯罪を犯し、裁判で有罪となった時に、刑務所に行かなければならないような判決等を実刑の判決と言います。簡単に言えば、その場で社会に復帰するのではなく、刑務所に行かなければならないような場合をいいます。
執行猶予 しっこうゆうよ ある人が犯罪を犯し、例えば裁判で(懲役刑の)有罪となった時に、刑務所に行かずに社会の中で、更生をを図ることをいいます。刑務所に行かずにすむため、まずは執行猶予の獲得というのを希望する方多いのが現状です。
告訴 こくそ 犯罪行為により犯罪の被害を受けた者が、その犯罪行為により被害を受けたという事実を警察などの捜査機関に申告し、訴追の意思を示すこと
被疑者 ひぎしゃ 犯罪を犯したと疑いをかけられ、捜査機関等から捜査対象とされている者のこと。公訴提起前を被疑者といい、公訴提起後を被告人という
裁判員制度 さいばんいんせいど 一定以上の重大事件について、一般国民が刑事裁判に参加し、裁判官とともに犯罪の有無および量刑について判断する制度。2009年より制度の運用が始まっている。
私選弁護 しせんべんご 刑事事件において、被疑者もしくは被告人の方等が、自分でお金を出して弁護士を選任すること。裁判所が任命する場合には、国選弁護となる。
2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.