外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • 短期滞在(観光ビザ)

日本への短期滞在をお考えの方

短期滞在とは

短期滞在とは、外国人の方が観光等の活動内容で、短期間日本に滞在することです。

観光ビザと言われる場合もありますが、外国人の方が観光する以外の活動であっても、短期滞在が認められます。
短期滞在の活動内容については、次の項目をご覧ください。

短期滞在の在留期間は90日、30日、15日以内(1〜15日)の3種類があります。

短期滞在では、報酬を得る就労活動はできません

また、在留資格認定証明書の交付申請もできません。

短期滞在のためのビザは、パスポートの他、外国人の方が観光をする等の旅行に必要な経費と往復の航空券があれば、簡単に発給されるのが一般的です。

短期滞在の活動内容

(a) 観光、娯楽、参詣、通過の目的での滞在

(b) 保養、病気治療の目的での滞在

(c) 競技会、コンテストなどへのアマチュアとしての参加

(d) 友人、知人、親族などの訪問、親善訪問、冠婚葬祭などへの出席

(e) 見学、視察などの目的での滞在

(f) 教育機関、企業などの行う講習、説明会などへの参加

(g) 報酬を受けないで行う講義、講演など

(h) 会議や会合などへの参加

(i) 日本に出張して行う業務連絡、商談、契約調印、アフターサービス、宣伝、市場調査などの短期間の商用

(j) 日本を訪れる国公賓、スポーツ選手などに同行して行う一時的な取材活動等

(k) 日本の大学などの受験や外国法事務弁護士となるための承認を受ける手続きなど

(l) 日本の大学や専修学校を卒業した留学生が、卒業前から引き続き行っている就職活動を卒業後に継続して行う活動

(m) その他、日本で収入を伴う事業を運営したり、報酬を得る活動をすることがない短期間の滞在など

注意ポイント

短期滞在資格での在留には、以下のような注意点があります。
短期滞在資格での日本への入国を検討されている方で、よくわからないことがありましたら、お気軽に、むくの木法律事務所までお問い合わせください。

(1) 活動内容について
報酬を得る就労活動はできません。

また、アルバイト等の許可をするために、資格外活動許可書の申請をしても、原則として在留資格が短期滞在の場合には認められない運用がされています。

(2) 在留期間
在留期間の更新が、他の在留資格よりも、難しいです。

具体的には、病気で入院したなどの特別の事情のない限り、在留期間の更新は認められないのが通常です。

そのため、在留期間後、外国人の方が日本に用事があるとしても、一度日本を出国し、再度日本に入国する必要があります。

(3) 在留資格の変更
短期在留資格から、他の在留資格への在留資格への変更は、「やむを得ない特別の事情」が必要です。

具体的には、以下の場合が挙げられます。

(a) 日本人の婚約者として短期滞在資格で日本に入国し、日本で婚姻した場合に、在留資格「日本人の配偶者等」への変更

(b) 日本の大学を受験するため、短期滞在資格で日本に入国し、合格した場合に、在留資格「留学」への変更

(c) 短期滞在資格で日本に入国した後、日本で「在留資格認定証明書」を取得し、在留資格認定証明書で認定された在留資格への変更

(4) 以上のまとめ
短期滞在資格は、他の在留資格と比べて、日本への入国は容易だといえます。

しかし、短期滞在資格で入国された場合、在留活動や在留期間で制約を受けることになり、在留資格の変更や更新も認められにくいものとなっています。

短期滞在資格での入国を検討されている方も、入国後に困ったことが起こらないように、一度、専門家にご相談されることをお勧めいたします。

2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.