外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • 就労資格証明書申請

就労資格証明書申請をお考えの方

就労資格証明書とは

就労資格証明書とは、日本に在留する外国人の方が行うことができる収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動(以下「就労活動」といいます。)を法務大臣が証明する文書です。

就労資格証明書を受けるメリット

外国人の方を雇おうとする方が、その外国人の方が日本で就労する資格があるのか否かについてあらかじめ確認することができます。
また、他方、外国人の方ご本人も就職等の手続をスムーズに行うために、自分が就労できる在留資格を有していることを雇用主等に明らかにすることができます。

このように、「外国人を雇いたい」という日本で外国人の方を雇用しようとする方、「日本で働きたい」という日本での就労を希望する外国人の方、双方の方にメリットがあります。

就労資格証明書に必要な書類

・ 就労資格証明書交付申請書(1通)
・ 資格外活動許可書(同許可を受けている場合)の提示
・ パスポート(旅券)、在留カード(外国人登録証明書)等の提示
・ 身分を証する文書等の提示(代理人や申請取次者が申請を提出する場合)
・ 交付を受けるとき、手数料納付書と、収入印紙680円

必要書類のことだけでなく、就労資格証明書を申請する際の書き方(記入例)についても、疑問に思われたことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

就労資格証明書の申請の注意ポイント

就労資格証明書自体は外国人の方が就労活動を行うことができる根拠となるものではありません
つまり、就労資格証明書によって、労働許可の許認可がなされるのではありません。あくまでも、外国人の方の在留資格や、資格外活動の許可の有無によって、就労活動ができるか決定されます。

また、就労資格証明書がなければ外国人の方が就労活動を行うことができないというものではありません。
かえって、この就労資格証明書を提示しないことにより、雇用の差別等の不利益な扱いをしてはならないと規定されています。

2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.