外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • 在留資格取得

在留資格取得をお考えの方

在留資格取得とは

在留資格取得許可申請とは、日本にいる外国人の方で在留資格を持っていない場合在留資格を取得するための手続きです。

日本にいる外国人の方で在留資格を持っていない場合とは、日本で産まれた外国人の方、日本国籍を離脱した方、その他在日米軍人で除隊後も日本に在留する米国人の方などです。

これらの方々はもともと在留資格を取得して日本に入国上陸したわけでなく、日本で在留資格を取得せざるを得ない事情が発生したものです。
そのような方が日本に引き続き在留する場合は、在留資格取得許可申請が必要になります。

在留資格取得の注意ポイント

在留資格取得の申請を行う必要があるのは、日本の国籍を離脱した者又は出生その他の事由により上陸の手続を経ることなく日本に在留することとなる外国人で、当該事由が発生した日から60日間を超えて日本に滞在しようとする方です。
日本で外国人の方の子供が産まれたからといって、必ずしも在留資格取得の許可申請を受ける必要はありません。

また、在留資格取得の許可申請は、資格の取得の事由が生じた日から30日以内にする必要があります。

在留資格取得に必要な書類

・在留資格取得許可申請書(1通)
・次の区分により、それぞれ定める書類1通

ア  日本の国籍を離脱した方
→ 国籍を証する書類

イ  出生した方
→ 出生したことを証する書類

ウ  ア及びイ以外の者で在留資格の取得を必要とする方
→ その事由を証する書類

この他にも資料が必要となる場合がございます。
お気軽にお問い合わせください。

外国人夫妻に子供が産まれたら

(a) 区市町村役所に出生届を届け出て下さい。
(出生した日から14日以内にお願いします。生まれた日が1日目となります。)
そこで、出生届出受理証明書受け取ります。

(b) 区市町村役所で外国人登録をします。
(出生したから60日以内にお願いします。)
平成24年7月9日以降の新制度では、外国人登録は不要です。
出生届が提出されると、住所地において「出生による経過滞在者」として住民票が作成されます。

(c) 子供の国籍の属する国の駐日大使館・領事館に出生届を届け出て下さい。
そこで、パスポートを受け取ります。

(d) 在留資格取得許可申請
出生した日から30日以内に、居住地を管轄する地方入国管理官署に申請します。(b)(c)を先に済ませてから、(d)の手続きをする方が楽です。

2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.