外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • 資格外活動許可

資格外活動許可をお考えの方

資格外活動許可とは

資格外活動許可書とは、現に有している在留資格に属さない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとする外国人の方に対して、それらの活動の許可をするものです。

現に有する在留資格に関する活動の遂行を阻害しない範囲内であり、かつ、相当と認めるときに許可されます。

資格外活動には、以下の2種類があります。

(a)就労の時間数(原則:週28時間以内)を定めて許可する「包括許可」
(b)就労する機関や業務内容を指定して許可する「個別許可」

「包括許可」の場合は、勤務先を特定せず、時間数の制限内であれば資格外活動ができます。

資格外活動許可のメリット

現に有している在留資格では、行えなかった収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動をすることができるようになります。
その結果、金銭的な余裕や、交流の機会が広がります

資格外活動許可書に必要な書類

・ 資格外活動許可申請書(1通)

・ 当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類 1通

・ パスポート(旅券)、在留カード(外国人登録証明書)等を提示

・ 身分を証する文書等の提示
(申請取次者が申請を提出する場合)

必要書類のことだけでなく、資格外活動許可書を申請する際の書き方(記入例)についても、疑問に思われたことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

資格外活動に関する注意ポイント

(1)禁止事項

留学生に資格外活動の「包括」許可をされた場合で説明します。

その留学生は、週28時間以内(夏期、冬期および春期休暇中は、1日8時間以内)の範囲でアルバイトができます。

制限時間を超えたアルバイトをしたときは、本国送還・罰金・懲役などの処分を受けますので絶対にしないようにしましょう。

風俗営業や風俗関連営業が行われる場所でのアルバイトは禁じられています。
スナック、ナイトクラブ、客の接待をして飲食させるバー・喫茶店などでは皿洗いや掃除をすることも禁止されていますので絶対にしないようにしましょう。

(2)資格外活動許可が不要な場合

就労でない活動は資格外活動ではありません。

資格外活動の対象は、「収入のある事業を行う又は報酬を受ける活動」なので、収入や報酬を伴わなければ資格外活動にはなりません。

例えば、「技術」の在留資格をもっている外国人の方が、昼間は雇用先でシステム・エンジニアの業務に就き、夜間はスキルアップの為大学へ通っているような場合には資格外活動ではありません。

2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.