外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • 帰化申請

帰化申請をお考えの方

帰化とは

帰化とは、日本に住んでいる外国人の方が日本人になるための手続きです。

永住等の申請が入国管理局に対して行うのに対して、帰化申請は、外国人のお住まいの住所を管轄する法務局に対して許可の申請をしなければなりません。

帰化許可がおりると、元の国籍を失う代わりに日本の国籍が与えられ、それ以降は日本人として扱われることになります。

帰化の要件

帰化の要件として、以下のものが挙げられます。

①引き続き5年以上日本に住所を有すること

②20歳以上で本国法によって能力を有すること

③素行が善良であること

④自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること

⑤国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと

⑥日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと

ただし、要件の中には、免除・緩和される場合があります。
どのような場合に、免除緩和されるのか等、疑問な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

帰化申請の必要書類

帰化許可申請書の他、必要に応じて以下のものを提出することになります。

・親族の概要を記載した書面
・履歴書
・最終卒業証明書または卒業証書
・在学証明書
・技能及び資格証明書
・自動車運転免許証写し(表・裏)
・帰化の動機書
・本国の身分に関する証明
・日本での届書記載事項証明書
・申述書
・日本の戸(除)籍謄本
・住民票(父母、同居者)
・宣誓書
・在勤及び給与証明書
・土地・建物登記簿謄本(登記事項証明書)
・法人登記簿謄本(登記事項証明書)
・営業許可証・免許証類の写し
・納税証明書
・運転記録証明書(過去5年)
・居宅・勤務先・事業所付近の略図

帰化を希望される方それぞれに応じて、提出する書類が変わってきます
帰化をするためにどのような書類が必要なのか、むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所まで、お気軽にお問い合わせください。

帰化と永住の比較

  帰化 永住
どのような場合に 外国人の方が日本国籍になりたい場合 日本での生活が長くなり、日本に永住したい場合
両者に共通するメリット ①在留「期間」の制限がなくなります。
②在留「活動」の制限がなくなります。
日本国籍となるか? 日本国籍になります。 日本国籍になりません。
日本語能力 必要です(小学校低学年程度)
※面接は、日本語でされます。
理由書を日本語で記入します。
参政権(投票や立候補)
認められます。
×
認められません。
退去強制 退去強制されません。 退去強制される場合があります。
再入国手続き 不要です。 必要です。
2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.