外国人のビザ申請・取得・変更・更新なら【むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所】

  • Home
  • >
  • 永住ビザ取得

永住ビザ取得をお考えの方

永住とは

永住許可は、在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可です。
在留資格変更許可の一種と言えます。

在留資格「永住者」は、在留活動、在留期間のいずれも制限されないという大きな特徴があります。このため、永住許可については、通常の在留資格の変更よりも慎重に審査する必要があることから、一般の在留資格変更許可手続とは、独立した規定が特に設けられています。

なお、入国していない段階で、「永住」の在留資格を得ることはできません。

(ア)日本に入国して相当期間在留してから、法務大臣に永住許可の申請をすることになります。
   相当期間は、原則として10年以上継続して在留している場合とされます。

その他の要件として、以下のものが挙げられます。

(イ)素行が善良であること

(ウ)独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること

永住ビザに必要な書類

申請人の方が、
(a)「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の在留資格である場合、
(b)「定住者」の在留資格である場合、
(c)就労関係の在留資格(「人文知識・国際業務」、「技術」、「技能」など)
         及び「家族滞在」の在留資格である場合
の3つの場合によって、必要な書類が変わってきます。

例えば、(a)の申請人の方が、「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の在留資格である場合、次のようになります。

・永住許可申請書 1通
・パスポート及び在留カード(外国人登録証明書)
・身分を証する文書等(取次証明書、戸籍謄本等)
・身分関係を証明する戸籍謄本や婚姻証明書
・申請人を含む家族全員(世帯)の外国人登録原票記載事項証明書(外国人の方)及び住民票(日本人の方)適宜
・申請人又は申請人を扶養する方の職業を証明する 在職証明書や 確定申告書控えの写し
・直近(過去1年分)の申請人又は申請人を扶養する方の所得及び納税状況を証明する資料
・身元保証書
・身元保証人の印鑑
・身元保証人の職業を証明する資料
・身元保証人の直近(過去1年分)の所得証明書
・身元保証人の住民票(日本人の方が身元保証人の場合)
   又は外国人登録原票記載事項証明書(外国人の方が身元保証人の場合)

(a)(b)(c)それぞれの場合について、必要な書類は何か、その記入方法がよくわからないというときには、お気軽に、むくの木法律事務所・行政書士むくの木法務事務所までお問い合わせください。

永住の注意ポイント

永住者であっても、退去強制事由該当した場合には、日本に引き続き滞在することができなくなってしまいます。

永住許可を受け永住者となった後でも、再入国許可を取得しないで出国した場合及び出国後に再入国許可の期限が切れてしまった場合には、「永住者」の在留資格を失うことになりますので、ご注意してください。

(参考)永住と帰化の比較

  永住 帰化
どのような場合に 日本での生活が長くなり、日本に永住したい場合 外国人の方が日本国籍になりたい場合
両者に共通する
メリット
①在留「期間」の制限がなくなります。
②在留「活動」の制限がなくなります。
日本国籍となるか? 日本国籍になりません。 日本国籍になります。
日本語能力 理由書を日本語で記入します。 必要です(小学校低学年程度)
※面接は、日本語でされます。
参政権
(投票や立候補)
×
認められません。

認められます。
退去強制 退去強制される場合があります。 退去強制されません。
再入国手続き 必要です。 不要です。
2012 Copyright (C) 外国人ビザ申請.com All Rights Reserved.